中国商材を考えるなら|初心者でも安心して開業できるe-MACSのフランチャイズシステム

初心者でも安心して開業できるe-MACSのフランチャイズシステム

中国商材を考えるなら

会社

輸入の壁を乗り越える

今やアジア経済を牽引し、世界に多大な影響をもたらすようになった中国ですが、隣国ということもあって日本にとっても重要なビジネス相手となっています。物価も発想も違うために日本製とは違った魅力の商材も多く、中国からの仕入れを考える方も少なくはないようです。しかし、中国からの仕入れを考える場合には中国語を理解する以上に、重要なこともあります。直接、中国に出向いて買い付ける場合も、ECサイトを利用する際も会話は中国語ですし、その他に税関への手続き等、色々なことが必要です。ECサイトを使うにしても、有名なものは中国国籍ではないと決済システムを利用できないなどの問題があります。これ等のために、多くの場合、取引を進めるためには中国輸入代行サービスを利用することが検討されます。

代行業者を探すには

中国輸入代行サービスはネイティブの中国人を雇用していることが多く、中国語での仕入れ交渉は勿論、中国籍でないと利用できないシステムを使える利点もあります。特に輸入のためだけに、中国籍取得は現実的ではありませんから中国輸入代行サービスを考えることが一般的となっています。中国輸入代行サービスを選ぶ際には、これらの理由で中国人を雇用している会社を選んだほうが良いでしょう。自身が考えている商材の市場調査を代行してくれる会社もあったりと、会社によってサービス内容は様々ですので、しっかり情報を集める事が重要です。中国市場は日本と違うことも多く、その為に気をつける点も多いので、実績が豊富でメリット、デメリットともにしっかり相談できる相手を選びたいものです。